JTDXの設定

Since:2017/02/02
Last Update:2019/10/25


はじめに:

 JT65/JT9モードによる交信には、WSJT-X v1.7.0を利用してきました。
 JT65-DX.comにJTDX by UA3DJYが次のように紹介されています。

 JTDX 17.5

 アマチュア無線用のPCは、DELL Inspiron 3647 スモールデスクトップ (Core i5-4460S (2.90GHz)、Windows 7 Professional 64ビット、メモリー8GB)です。
 PCの能力に不安が残りますが、最新版のJTDX v17.5を使ってみることにします。

 PCの能力に対する心配は杞憂でした。
 JTDX v17.5.2では、受信インターバルの1分間の内、約48秒間受信した後、デコードが始まり51〜52秒位で終わります。デコード時間はまずまずです。
 なお、残りの8秒位で次の送信インターバルの準備をしますが、JTDXはデコードされる局数が多いので、すばやい判断が求められます。(2017/03/07 追記)

JTDX v17.5の画面
JTDX v17.5の画面

 JTDX 17.7

 2017年3月20日にJTDX v17.7が公開され、画面が少し変わりました。
 シグナルメーターは、レンジが90 dB ※1に拡張され、rms値(実効値)でなくピーク値を表示し、色が弱すぎる信号と強すぎる信号では変更されます。
 シグナルメーターは、入力信号のダイナミックレンジをADC (analog to digital converter) とJTDXのダイナミックレンジに一致させたため、
サウンドカードの入力のノイズレベルを評価するためにも使用できます。
 また、メイン・ユーザー・インターフェースから受信信号を調節するゲインスライダーがなくなりました。
 ※1:サウンドカードは16ビットに設定しますので、ダイナミックレンジは DR = 20×log(2^16) = 20×log(65536) = 96.3 dBです。(2017/04/05 追記)

 JTDX 18.1.0.67

 また、20187年1月18日にテスト版ですがJTDX v18.1.0.67が公開され、FT8モードに対応しています(下図参照)。

JTDX v18.1.0.67の画面

Hardware:

	・Radio			: YAESU FTDX5000MP
	・インターフェース	: 自作デジタルモード用インターフェース LUIS-10(Audio, PTT, FSK, CW)
	・インターフェース	: CAT用LTM2882 絶縁USB-RS232C変換モジュール・キット(ストロベリー・リナックス)
	・USB サウンドカード	: ASUS Xonar U7
	・パソコン		: DELL Inspiron 3647 スモールデスクトップ、Windows 7, 64bit

Software:

	・JTDX v18.1.0.67	: FT8、JT9、JT65A用の通信ソフト by UA3DJY
	・Omni-Rig		: リグコントロール用ソフト(2017年1月〜)
	・VSPE			: Virtual Serial Ports Emulator (2012年4月〜2013年6月、2017年1月〜)
	・HamApps JTAlert	: Worked B4 Callsign Display 機能及びアプリケーションのオート・スタートとオート・クローズ
	・JT_Linker		: JTDXのLog機能で作成されるwsjtx_log.adiを読込み、Hamlogへ転送・登録するソフト by JA2GRC
	・Turbo HAMLOG		: アマチュア無線業務日誌ソフト by JG1MOU
	・Meinberg NTP		: PCの時刻合わせソフト

	・DXLab Commander	: リグコントロール用ソフト (2013年8月〜2017年1月)
	・LPB2			: Virtual serial port device (2013年6月〜2017年1月)

シリアルポートの割り当て状況:

 現在使用しているパソコンのシリアルポートの割り当て状況(VSPEの場合)を表−1に示します。
また、LPB2の場合を表−2に示します。

表−1 シリアルポートの割り当て状況 (VSPEの場合)、2017年1月〜
シリアルポート用 途備 考
COM1
未使用
COM2WKUSB外付けのWKUSBに使用
COM3LTM2882 絶縁USB-RS232C変換モジュール・キットリグコントロール FTDX5000MP
COM4インターフェース LUIS-10(PTT Port)PTT制御に使用
COM7ICOM CI-V portリグコントロール IC-706MKIIG
COM8VSPE Splitter (COM3 -> COM8)COM3の仮想COMポート
(Turbo HAMLOG, N1MM Logger+, CW Skimmer,
JTDX, MMTTY, MMVARI等を同時に接続)

表−2 シリアルポートの割り当て状況 (LPB2の場合)、2013年6月〜2017年1月
シリアルポート用 途備 考
COM1
未使用
COM2WKUSB外付けのWKUSBに使用
COM3LTM2882 絶縁USB-RS232C変換モジュール・キットリグコントロール FTDX5000MP
COM4インターフェース LUIS-10(PTT Port)PTT制御に使用
COM7ICOM CI-V portリグコントロール IC-706MKIIG
COM8LPB2 Virtual Com Port A (COM3 -> COM8)COM3の仮想COMポート
(Turbo HAMLOG, N1MM Logger+, MMTTY, MMVARI等
の内、1つを接続)
COM9LPB2 Virtual Com Port B (COM3 -> COM9)COM3の仮想COMポート
(CW Skimmerを接続)
COM10LPB2 Virtual Com Port C (COM3 -> COM10)COM3の仮想COMポート
(DXLab Commanderを接続(JTDX用))

1.JTDXのダウンロードとインストール

 「JTDX-Home」から「Evaluation version only, JTDX v.18.1.0.67 (18-1-2018)」をダウンロードし、インストールします。

 JTDXのインストールはオプションを変えずにデフォルトの状態で行います。
 以前のバージョンのJTDXは「C:\JTDX\JTDX\bin」フォルダーにインストールされています。
 JTDX-Homeの「Videos/Guides」のユーザーマニュアル「JTDX_User_Manual_EN_2018_01_08.pdf」を参照して、JTDX v18.1.0.67は「C:\JTDX\JTDX_18_1_0_67」フォルダーにインストールします。

 JTDXを初めて起動すると、JTDXの諸設定を保存するJTDX.iniファイルが次のフォルダーにできます。
 C:\Users\Jiro\AppData\Local\JTDX
 JTDX.iniファイルは、JTDXの最初の起動時に作成され、JTDXをアンインストールしても残ります。
このファイルのデータ構造はJTDXのバージョンにより異なり、旧バージョンとの互換性はリリース・ノートに示されています。
JTDXをアップグレードする時に、リリースノートの情報に従って古いJTDX.INIファイルの名前を変更することが勧められています。
このファイルが削除されると、すべての設定がデフォルト値にリセットされます。

 今回は、JTDX.INIファイルを削除して、デフォルト値から設定してみました。

 また、CALL3.TXTファイルをコピーして、インストールは完了です。

 JTDXのダウンロードとインストールの詳細はこちらをご覧下さい。

2.JTDXの初期設定

 JTDXを起動し、メニューバーの「File」から「Setting…」画面を表示します。
 JTDXのSettings画面には11個のタブがあります。

JTDXの画面

 デフォルト以外では、以下の項目を設定します。

Generalタブ:

 自局のコールサインとグリッドロケーターを入力します。

Radioタブ:

 JTDXで直接FTDX5000をリグ・コントロールできなかったので、現在はOmni-Rigを介してリグ・コントロールしています。
 PTT Methodは、RTS、Port: COM4を選択します。

 Split Operationでは、None/Rig/Fake Itのどれかを選択します。
 Split OperationでRigを選択すると、トランシーバーのVFO Aで受信、VFO Bで送信します。
 JTDXは常に1500〜2000Hzの周波数範囲でAF(オーディオ)信号を送信します。
 このために、VFO Bの周波数は、「Wide Graph」画面のTX AF周波数に応じて、500HzステップでCATにより変更されます。
 例えば、VFO Aが7076.0kHzに設定されていて、「Wide Graph」画面のTX AF周波数が900Hzの時には、JTDXのVFO Bの周波数はCATにより7075.0 kHzに変更され、1900Hzのオーディオ信号を送信機に供給します。
 Split Operation / Rigは、AF信号の高調波(2次高調波で3000〜4000Hzとなり、SSBモードの送信フィルターの帯域外となる)の送信を防止すると共に、「Wide Graph」画面上の0〜500Hz間のJT65信号の送信、2500Hz以上のJT9信号の送信を可能にします。
 Split Operation / Fake Itは、VFOが1つのトランシーバーでスプリット運用を可能にし、VFOの周波数は送受信ごとに変化します。
 ここでは、Split Operation / Rigを選択しています。
 FTDX5000MPはSPLITモードに設定し、SSB送信時のDSPバンドパスフィルターは400-2600Hz(Menu 104 A3J TX BPF (SSB-TX-BPF))に設定しています。

Audioタブ:

 外付けのUSBサウンドカード、ASUS XONAR U7を設定します。
 JT65モードでは、サウンドカードは「16ビット、48000 Hz(DVDの音質)」に設定します。

Tx Macrosタブ:

 13文字までのフリー・メッセージを登録できますので、メッセージを追加します。

Reportingタブ:

 Loggingのチェックボックスにお好みでチェックを入れます。
 JTAlertを使いますので、UDP Serverの3つのチェックボックスに、チェックを入れます。

Frequenciesタブ:

 国内用QSOの3.510MHz、7.041MHzを追加します。

 日本のバンドプランでJT65の運用可能な周波数を下表に示します。

WSJT-Xの運用周波数(FT8, JT65, JT9、モード:SSB(USB))
バンド日本の狭帯域データの
周波数
外国のアマチュア局との
データ通信
FT8JT65JT9
3.5MHz帯3.520〜3.535MHz3.535〜3.575MHz3.531MHz(JA)
3.573MHz(DX)
3.531MHz(JA)
3.570MHz(DX)
3.531MHz(JA)
3.572MHz(DX)
7MHz帯7.030〜7.045MHz 7.045〜7.100MHz 7.041MHz(JA)
7.074MHz(DX)
7.041MHz(JA)
7.076MHz(DX)
7.041MHz(JA)
7.078MHz(DX)
10MHz帯10.130〜10.150MHz同左10.136MHz10.138MHz10.140MHz
14MHz帯14.070〜14.112MHz14.112〜14.150MHz14.074MHz14.076MHz14.078MHz
18MHz帯18.100〜18.110MHz18.090〜18.100MHz
18.110〜18.120MHz
18.100MHz18.102MHz18.104MHz
21MHz帯21.070〜21.125MHz21.125〜21.150MHz21.074MHz21.076MHz21.078MHz
24MHz帯24.910〜24.930MHz24.930〜24.940MHz24.915MHz24.917MHz24.919MHz
28MHz帯28.070〜28.150MHz28.150〜28.200MHz28.074MHz28.076MHz28.078MHz
50MHz帯50.200〜51.000MHz50.000〜50.100MHz
51.000〜51.500MHz
50.313MHz50.276MHz
50.310MHz
50.312MHz

Notificationsタブ:

 「New DXCC」欄と「New DXCC on Band/Mode」欄の塗りつぶしの色は、文字が見やすくなるように変更します。

 JTDXの初期設定の詳細はこちらをご覧下さい。

 また、パソコンの時間を -0.2〜 +0.5秒でネットワークに同期させることが重要で、これにより最大のデコード性能を達成でます。
 パソコンの時刻の精度は、NICT・日本標準時あるいはTime.isで確認できます。


3.仮想シリアルポート作成ソフトウェアの設定(2017/03/07 追記)

 シリアルポート(COM Port)はプログラムと機器の1対1の通信を想定しています。
 複数のプログラムで同時にトランシーバーを制御するためには、次のような仮想シリアルポートを作成するソフトウェアを用いる必要があります。

 Turbo HAMLOGとCW SkimmerでFTDX5000MPを制御するために、1年程VSPEを使っていました。
時々、CW Skimmerの読み込み周波数が変わり、デコードしたコールサインが消えてしまうという不具合が生じます。
 次に、LPB2を導入しました。LPB2は安定して動作しますので、3年半程使っていました。
ただし、使用する上で次のような不便な点がありました。

 最近、YAESUの機種でもCW Skimmer とVSPEの組み合せが使えるというページ「LPB2からVSPEへ仮想ポートソフト変更 by JA1JRS」を見つけました。
CW SkimmerはOmni-Rig経由でトランシーバーを制御しますが、Rigとして、FTDX5000に対してFT-950を選ぶと、CW Skimmerの表示がばたつかないという記事です。

 早速、VSPEを試してみると、リグコントロールは上手く行きました。
なお、VSPEの最新版はVSPE v0.938 (June 26,2010)ですので、当初使っていたものと同一です。


3.1 VSPEの設定(2012年4月〜2013年6月、2017年1月〜)

 ログソフト(Turbo HAMLOGあるいはN1MM+)とCW Skimmerで、同時にトランシーバーを制御するためにVSPEを使っていました。
 Device typeはSplitter(スプリッター)を選択します。
 この例では、トランシーバーはCOM3に接続し、ログソフト等はCOM8に接続しています。
 また、パソコンの電源を入れると、VSPEが自動的に起動し、ミニマライズされてタスクバーに収納される設定にしています。
 VSPEの存在を忘れてオペレーションが可能です。

JTDXの画面

JTDXの画面

 VSPEの設定の詳細はこちらをご覧下さい。


3.2 LPB2の設定(2013年6月〜2017年1月)

 ログソフト(Turbo HAMLOGあるいはN1MM+)とCW Skimmerで、同時にトランシーバーを制御するためにVSPEを使っていました。
 その後、LPB2を使っていましたが、現在はVSPEに戻っています。
 下図の例では、トランシーバーはCOM3に割当て、COM8、COM9、COM10に各ソフトを割当てています。
 なお、LPB2はElecraft K2、K3、Yaesu(950,2000,5000)とKenwoodをサポートするソフトです。

JTDXの画面

 LPB2の設定の詳細はこちらをご覧下さい。


4.リグ制御用ソフトウェアの設定(2017/03/07 追記)

 JTDX(WSJT-X)では、直接FTDX5000をコントロールができませんでした。
 そこで、トランシーバー制御用ソフトウェアとしてDXLab Commanderを経由してリグコントロールしていました。
 JTDX(WSJT-X)では、トランシーバー制御用にOmni-Rigをサポートしていますので、CW Skimmerでも使用しているOmni-Rigに変更します。

 なお、JTDX(WSJT-X)で直接FTDX5000をコントロールができる場合には、DXLab CommanderやOmni-Rigを使う必要はありません。

4.1 DXLab Commanderの設定(JTDX(WSJT-X):2013年8月〜2017年1月)

 WSJT-Xのユーザーガイドに、DX Lab Suite Commander, Ham Radio Deluxe, Hamlib NET rigctlとOmniRigが紹介されていました。
 アルファベット順で最初に出てくるDXLabCommanderを当初は使っていました。安定したソフトウェアです。

JTDXの画面

 DXLab Commanderの設定の詳細はこちらをご覧下さい。


4.2 Omni-Rigの設定(CW Skimmer:2012年4月〜、JTDX:2017年1月〜)

 CW SkimmerではOmni-Rigが使われています(どちらもAfreet Software, Inc.の製品)。
 JTDXはOmni-Rigをサポートしていますので、こちらを使うことにします。

 Omni-Rigの特徴を以下に示します。

 下図はOmni-Rigの設定例です。Rig 1を選択し、Rig TypeはFTDX5000MPの変わりにFT-950を選択します。
 Baud rateは早くしたいのですが、他の機器(Automatic Antenna SW)が4800〜9600 bps対応ですので、9600 bpsとしています。

JTDXの画面

 なお、Omni-Rigは、CW Skimmerをインストールした時に、自動的に次のフォルダーにインストールされています。
     C:\Program Files (x86)\Afreet\OmniRig \
 ここで、システムにはOmni-Rigのコピーが1つしかないことを確認しておきます。
 また、Onmi-Rigは、\Rigsサブフォルダー内にリグ記述ファイル(機種名.ini)のあるリグをサポートします。
 リグがまだサポートされていない場合は、ユーザーは独自のリグ記述ファイルを作成することができます。
     C:\Program Files (x86)\Afreet\OmniRig\Rigs

 JTDXを起動すると、CATはOK、受信もOKです。
 「Tune」ボタンをクリックすると、送信もOKです。

JTDXの画面

5.JTAlertの設定

 JTAlertは以前使用していたWSJT-X v1.7.0の時に設定してあります。
 JTAlertの最新版JTAlertX 2.9.0をダウンロードして、インストールします。
 インストールの時に、オプションはJTDX (WSJT-X)を選択します。

 JTAlertでは、次の機能を設定しています。

 なお、JTAlertのログLog.adiは変更せずにそのまま使います。
 ログは「C:\Users\Jiro\AppData\Local\HamApps\JA1XUY\logs\JTAlertX」の中にあります。

 JTAlertのダウンロード・インストールと設定はこちらをご覧下さい。

JTAlert

6.JT_Linkerの設定

 JTDXのログ・データをTurbo HAMLOGに登録するソフトウェアJT_LinkerがJA2GRC局により開発されています。
 JT_Linkerのメイン画面を次に示します。
 JT_Linkerのダウンロード・インストールと設定はこちらをご覧下さい。

 WSJT-X v2.1.0の新機能のFT4モードに対応して、JT_Linkerの最新版がリリースされています。
 「JT_Linker Ver.2019.07.20 リリース 」を参照してください。(2019/08/12 追記)

JTAlert

 JT_LinkerはWSJT-Xのログ・データを次のように取り込みます。

 自動的に、あるいは「Resend」ボタンを押すと、HAMLOGの「データの追加」画面が表示されます。

HAMLOG

 「はい」ボタンを押すと、HAMLOGに登録されます。

HAMLOG

7.JTDX 18.1.0.67の画面説明(2018/01/25 追記)

 JTDXはFT8モードをサポートするv18.1.0からメイン画面が変わました。
 必要最小限の画面説明を以下にまとめます。

 Wide Graph

JTDX

 Wide Graphの幅は自由に変えられます。この幅の範囲の信号がデコードされます(上図では、200Hz〜3000Hz)。
 周波数はトランシーバーのダイアル周波数からのオフセット量を表します。
 赤色送信マーカーと緑色受信マーカーがあり、マーカーの左端が送受信周波数(ボトム周波数)です。
 スプリットモードのON/OFFボタンが「Locked Tx=Rx」の場合には、画面を左クリックすると受信マーカーと送信マーカーが
同時にクリックした周波数に移動します。
 「Tx/Rx Split」の場合には、画面を左クリックすると受信マーカーがクリックした周波数に移動します。
 右クリックで送信マーカーが移動します。Ctrl+左クリックで、受信マーカーと送信マーカーが同時に移動します。

 「Start 200 Hz」と「JT65 2400 JT9」ボタンを操作すると、そのインターバルの信号はデコードされません。
 その他のボタン類は受信信号のデコードに影響を与えませんので、自由に設定変更できます。

 Main Menu

 メインメニューには、新しく「AutoSeq」があります。

JTDX

 Main Control Panel

 メインコントロールパネルには、新しく「AutoTX」、「Locked Tx=Rx」、「AutoSeq」ボタンがあります。

JTDX

 Function Keys

 ファンクションキーボタンには、変わりがありません。

JTDX

8.JT65に関するTIPS

 JT65に関するTIPSを以下に示します。

 「受信機の設定」はこちらにあります。(2017/03/13 追記)

 「送信機の設定」はこちらにあります。(2017/04/01 追記)

 「JTDXとWSJT-Xで同一ログを使う方法(ハードリンクの設定)」はこちらにあります。(2018/01/25 追記)

9.JTDXに関する情報

 JTDXに関して、「JTDX Web site」、「JTDX Web site内のJTDX documentation EN」、ダウンロードした「JTDX-17.5.1-UI1-win32」フォルダーの中の「Release notes JTDX_v17.5.1_EN.txt」から情報をピックアップしたものはこちらにあります。