JTDXの設定
Since:2017/02/02
Last Update:2018/01/25


JTDXのダウンロードとインストール:

 2018年1月現在、JTDXの正式版は「JTDX 18.0.0.133」です。
 ここでは、FT8モードをサポートするテスト版「JTDX 18.1.0.67」をインストールします。

 なお、現在のパソコンには、既に「JTDX 17.9」がインストールされた状態を前提としています。
 JTDXのインストールはオプションを変えずにデフォルトの状態で行います。

(1) JTDXのダウンロード:

 「JTDX-Home」から「JTDX 18.1.0.67 (18-1-2018)」をダウンロードし、解凍します。
 「JTDX-Home」の「Videos/Guides」から「JTDX_User_Manual_EN_2018_01_08.pdf」をダウンロードし、
それに従いインストールします。

 また、準備として、既にインストールされているJTDX 17.9の諸設定を記憶している「JTDX.ini」ファイルのコピーを保存しておきます。
このファイルは「C:\Users\Jiro\AppData\Local\JTDX」フォルダーにあります。

(2) JTDXのインストール:

 ダウンロードした「JTDX-18.1.0.67-win32.exe」をダブルクリックするとインストールが始まります。

JTDXのインストール

 「次へ」をクリックします

JTDXのインストール

 「同意する」ボタンをクリックします。

JTDXのインストール

 「Create JTDX Desktop Icon」へチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

JTDXのインストール

 ユーザーマニュアルに「Use a new folder for every step you install」とあるので、
同じようにフォルダ名を「C:\JTDX\JTDX_18_1_0_67」変更し、「次へ」をクリックします。

JTDXのインストール

 ここでも、「JTDX 18.1.0」を「JTDX 18.1.0.67」に変更し、「インストール」をクリックします。

JTDXのインストール

 「次へ」をクリックします。

JTDXのインストール

 「完了」をクリックします。
 JTDXが起動します。

JTDXの起動

 JTDXのインストールが完了し、起動も成功しました。

(3) JTDXの各フォルダーの確認:

 JTDXは次のフォルダーへインストールされています。
 C:\JTDX\JTDX_18_1_0_67\bin
 プログラムの名前は、JTDX 17.9の時までは WSJT-X と同じで「wsjtx.exe」でしたが、
JTDX 18.1.0.67では「jtdx.exe」と変わっています。

 C:\Users\Jiro\AppData\Local\JTDXを見ると、以前使っていたv17.9のiniファイルの日付が新しくなっています。
 CALL3.TXTファイルは、以前のバージョンのものがあります。
無い場合は、マニュアルに従い、CALL3.TXTファイルを「JTDX-Home」からダウンロード・解凍して、下図の所に入れます。
 ログ・ファイルは、以前使っていた「wsjt.log」と「wsjt_log.adi」がそのまま使えます。

JTDXのインストール

 なお、「AppData」フォルダーは「隠しフォルダー」です。
 「AppData」フォルダーが見つからないときは、こちらの表示方法を参照してください。

 以上で、JTDXのインストールは完了です。